FX 財テク

トレード記録をつけてわかってきたこと

投稿日:

トレード記録をつけてまだ数日しかたっていませんが、トレード記録は7~8回分になりました。

記録をつける前は面倒だと思っていたのが、記録してみると結構面白いです。なぜエントリーする気になったのか、どういう考えで決済したのか。反省点は何で、次回はどういう点に気を付けてトレードに臨むか。

まだ少ししか記録していないのに、勝ちトレードと負けトレードの傾向が見えてきています。

まずは勝ちトレードですが、エントリーの根拠が非常に手堅いです。チャートの形、長期足との関係、付近のレジサポラインの多さ。勝つべくして勝っているし、リスクリワードもいいです。

次に負けトレードですが、エントリーの根拠が少ない。なんとなくこっちかなという根拠だったり、大勝直後に「今日は読みが当たる」と思っちゃって、他の時間足の分析が不十分なままにエントリーする。しかもボリバンでいうスクイーズの状態、ボラティリティがあまりないのに、エクスパンションを予想して早めにエントリーしたりしている。

7~8回の記録だけでもいざ振り返るとこれだけのことにがわかりました。負けトレードを避けるためのヒントが満載です。トレード記録をつけることをお勧めします。

SponsorLink

 

-FX, 財テク

Copyright© 自己解決のヒント , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.