その他

政宗の皿に気を付ける、とは。

投稿日:

私の勤め先では、朝礼で毎日一人ずつスピーチします。一定のテーマに基づいた内容なのですが、今日のスピーチの内容は「政宗の皿」についてでした。

「人と話す際は、政宗の皿に気を付けるように」と言われています、ということで始まったスピーチの内容は、様々な考えや事情を持つ人がいるから、話題に気を付けなければいけないということでの「政宗の皿」でした。

その内容とは、

政・・・政治に関すること
宗・・・宗教に関すること
皿・・・サラリー(給料)に関すること

の3つです。たしかにどれもデリケートな話題と言えなくはないです。
自分にとっては軽い気持ちで話す場合でも、相手にとっては結構真面目だったり深刻だったり、様々な事情を抱えている可能性があります。

気心知れた間柄であれば大丈夫でしょうけど、そこまで親しくない人や、多くの人を前に話すときは、様々な価値観に触れる可能性を意識して、「政宗の皿」になるべく触れないようにしながら話すのが無難だと思った、そんな朝礼でした。

そこで私が思いついた「気を付けたほうがいい話題」についてですが、政宗の皿と直接関係ないですが、自動車についてです。

我が家では今、セカンドカーに軽ハイトワゴンを購入しようとしており、様々な自動車メーカーの車種を比較しています。そこで一定の評価のもと、一つの車種に絞り込んだのですが、こうした経緯を人前で話すと、選考から漏れた車種に乗っている人は不快な思いをするだろうなと思ったところです。

これからは、今まで以上に、話す前にいったん考えてから適切な話題かどうか考えようと思います。

-その他

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.