「病気」 一覧

喘息(ぜんそく)の治療と副作用

2016/01/16   -喘息

喘息(ぜんそく)は気道に慢性的な炎症が起こる病気で、正しくは「気管支喘息」といいます。日本では400万人以上いるといわれる喘息の治療法と副作用についてまとめました。 SponsorLink 目次 ・基 …

冷え性の5つの原因

2015/12/23   -冷え性

冷え性になる仕組み 自律神経には気温が変化しても体を一定の体温に保とうとする働きがある。冷えを感じた場合、血管を縮めて血液をあまり流さないようにして皮膚表面の温度を低く保ち体内に熱を留める。 Spon …

インフルエンザ早わかり

2015/12/18   -インフルエンザ

インフルエンザと風邪の違い インフルエンザ 原因 インフルエンザウイルス 感染力 非常に強い 症状 急な高熱、悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢 潜伏期間 2日前後 重症化 高齢者や乳幼児は重症化しやす …

免疫細胞について

免疫細胞は第二の頭脳 免疫は病気を逃れるための仕組み。免疫細胞は体に入ってきた病原体や物質を異物と判断して攻撃する。 また、第二の頭脳とも呼ばれ記憶能力を備えていることも特徴である。例えば、一度はしか …

危険な頭痛と心配ない頭痛

2015/12/13   -頭痛

頭痛の原因の多くは、脳内で起こる血流の滞り、脳血管の異常、脳血管の変化による。 SponsorLink 心配のない頭痛 比較的心配のない頭痛は、かき氷などで冷たいものを食べたときに起こる一過性の頭痛、 …

胃がん検診はバリウムより胃カメラか?

2015/12/07   -がん, 健康診断

胃がん検診はバリウムより胃カメラか? SponsorLink この前職場の胃がん検診をしました。バリウムでの検査で、後日異常なしとの通知で一安心したところですが、知り合いの話によれば、その人の父はバリ …

肺がんの原因・症状・生存率

2015/12/02   -がん

肺がんの症状について 肺がんの主な初期症状は、咳、痰、血痰、発熱など。ただし、いずれも肺がんだけにみられる症状ではない。 SponsorLink 肺がんの部位別死亡数順位について 2013年の日本のデ …

血液検査の項目と基準値

生化学検査 ALT(GPT) 基準値8~49 (単位 lU/L) 肝臓に最も多く含まれる酵素。肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すため、急性肝炎で最も強く上昇し慢性肝炎や脂肪肝(肥満)などでも上昇する …

悪性リンパ腫・血液のがん

2015/11/07   -がん, その他, 白血病

悪性リンパ腫とは 白血球の一種の「リンパ球」ががん化してリンパ節などに腫瘍ができる病気。 SponsorLink リンパ球は免疫機能を担う細胞で、リンパ管や血管をとおって全身を巡り、体内に侵入してきた …

アルツハイマー・認知症と老化の「もの忘れ」の違い

2015/10/29   -認知症

アルツハイマー・認知症による「もの忘れ」と老化減少による「もの忘れ」は次のように異なります。認知症のチェックの参考にしてください。 SponsorLink 認知症によるもの忘れを赤い字で、老化現象によ …

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.