その他 資格試験

18歳選挙権に関する試験問題例

投稿日:

息子の高校の定期テストで、時事問題が出るとのことでちょっと考えた。

最近の話題は、MARS、火山の噴火、18歳選挙権、安保法案(集団的自衛権)などありますが、高校だけに18歳選挙権が出るものと想定し、簡単な試験問題を作成しました。

問1 前回の選挙権の年齢引き下げが行われたのは何年か。

答:1945年

問2 前回の選挙権改正の主な変更点を2つ挙げよ。

答:・25歳から20歳に引き下げられた。
・女性の参政権が認められた。

問3 次の( )埋めよ。
選挙の改正法は、交付から( )の周知期間を経て( )される。

答:1年間  施行

問4 法律施行後、最初に適用される選挙は次のうちどれか。
①国政選挙 ②地方選挙
③国政・地方に関わらず施行後最初に行われる選挙

答:①

問5 18歳以上を選挙権年齢としている海外の国を3つ答えよ。

答:ドイツ、オランダ、スイス
(このほか、スペイン、ノルウェー、ハンガリー、メキシコなど非常に多数)

SponsorLink

-その他, 資格試験

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.