パソコン・通信

文字を揃える方法、他の行と合わせる方法(ワード、エクセル、パワポ、一太郎など)

投稿日:

ワード、エクセル、パワポ、一太郎などで書類を作成していると、異なる行の文字のズレが気になることがあります。このズレを直すために私がやっている、単純な方法があるのですが、意外と知らない人が多いようなので紹介します。

SponsorLink

例えば次のような場合です。この場合は数値の後ろの文字を揃えたいのですが、全角スペースや半角スペースで調整しても、文字のズレがきれいに揃わずどうしても気になります。

文字のずれの例

文字のずれの例

これは、パワーポイントの場合ですが、ワードやエクセル、一太郎などでも同様なことがよくあると思います。

タブ(TAB)の調整で揃うこともありますが、タブは先頭文字を揃えるので、桁数があっていれば揃いますが、あっていないと下図のようにズレます。(一番上の4桁と一番下の2桁が揃っていない。)

文字のずれの例2

文字のずれの例2

そこで行う方法が、スペースの文字の大きさを変更する方法です。
ずれている文字の前のスペース1文字(うまく揃わない場合は数文字)の大きさを次のように調整します。

文字調整例その1

文字調整例その1

上記の場合、空白部分(反転している部分)を2ポイント小さくしたところ、後ろが揃いました。

SponsorLink

【注意点】
スペース部分を大きくして揃えようとすると、下図のように行間が広がってしまう場合があります。

行間が広がった例

行間が広がった例

この場合は、空白部分を小さくして揃えることができるように、①文字を点線の後ろにややはみ出した位置まで空白(スペース)を入力して移動させ、②空白部分(反転している部分)を小さくして揃えます。(下図参照)

文字を揃えた図

①文字を後ろに移動

②空白部分のポイントを小さく調整

②空白部分のポイントを小さく調整

SponsorLink

 

-パソコン・通信

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.