自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

花粉症 早めの対策・治療法

      2015/12/11

花粉症は、早めの対策により、症状が軽減します。花粉症シーズンを楽に過ごすための方法についてまとめました。

SponsorLink

花粉症対策のポイントは、初期療法を理解し、早めに行うことで花粉症上の発現を遅らせて軽くすることです。

花粉症の症状

1 目の症状、目のかゆみ、目の充血、なみだ目
2 鼻の症状
くしゃみ、はなみず(水溶性鼻汁)
はなづまり(鼻閉)

3 その他
のどのかゆみ
皮膚のかゆみ
下痢
熱っぽい感じ

SponsorLink

アレルギー検査法について

花粉症の検査には、血液検査、花粉エキスを使った皮膚テストがあります。また、涙でアレルギー反応の湯無を簡便に図る検査もあります。(涙液検査)
検査を受けておくと、花粉症対策が立てやすくなります。

花粉症対策

外出するときに気を付けること
・花粉情報に注意
・飛散の多い時の外出を避ける
・マスク、ゴーグル型メガネ、帽子の着用
・花粉が付着しやすいウールの服を避ける
・帰宅時に服や髪をよく払い、洗顔、うがいをし、鼻をかむ
家にいるときに気を付けること
・花粉の飛散の多い日は、窓や戸をしめておく
・花粉の飛散の多い日は、洗濯物を外に干さない
・外に干した洗濯物を取り込む際はよくはたく
・こまめに掃除する。
生活習慣でこころがけること
・たばこは粘膜を傷つけるので避ける
・お酒は控えめにする
・規則正しい生活をする
・ストレスをためないようにする
・バランスのとれた食生活を送る
・睡眠を十分にとる

花粉症の治療法について

目の症状の治療には、抗アレルギー点眼薬がよく使われます。抗アレルギー点眼薬には2種類あり、ヒスタミンなどの産生を抑える「メディエーター遊離抑制点眼薬」とヒスタミンの作用を止める「抗ヒスタミン点眼薬」があります。
重篤の場合にはステロイド点眼薬が用いられます。それぞれの薬には、症状に応じた使い方があるにで、医師に相談してください。

花粉症の早めの対策、初期治療とは

花粉が飛び始める2週間前から抗アレルギー点眼薬の点眼を開始する治療法が初期両方です。花粉が飛び始めてから治療を開始するよりも症状の発現が遅くなり、症状が軽く済みます。

花粉症と果物の意外な関係

花粉症の方は、果物アレルギーを起こしやすいので注意が必要です。アレルギーを起こす果物や野菜がわかれば予防可能です。
例えば、シラカンバ花粉症では、リンゴ、サクランボ、モモ、キウイなどに対する口腔アレルギー症候群が報告されています。

SponsorLink

 - 病気, 花粉症

  関連記事

うつ病治療薬の種類と仕組み

うつ病の治療に使用される薬を抗うつ薬という。抗うつ薬にはいろいろな種類がある。抗 …

アルツハイマー病の治療薬(製品名など)

アルツハイマー病の治療には、薬と薬以外のケア・リハビリなどがありますが、薬物治療 …

敗血症の原因・症状・治療について

敗血症とは 傷やできものなどの最近が血管に入り込み、血液の循環によって全身の重い …

食物アレルギーで気を付けること

食物アレルギーで気を付けること 問 苦手な食べ物が実は食物アレルギーの原因という …

脳卒中の症状や前兆

脳卒中の症状や前兆 意識障害、運動障害(単まひ、片まひ、四肢まひ)、感覚障害(半 …