がん アトピー性皮膚炎 白血病 花粉症

免疫細胞について

投稿日:

免疫細胞は第二の頭脳

免疫は病気を逃れるための仕組み。免疫細胞は体に入ってきた病原体や物質を異物と判断して攻撃する。
また、第二の頭脳とも呼ばれ記憶能力を備えていることも特徴である。例えば、一度はしかに感染するとそれを記憶し、再び入ってくるとすぐに攻撃して壊滅させる。

SponsorLink

免疫細胞の3つの攻撃方法

①まるごと細菌などを飲み込んで分解・・該当免疫細胞=好中球、マクロファージ

②ウイルスに感染した細胞を破壊・・該当免疫細胞=キラーT細胞

③ウイルスに抗体をつけ細胞への感染を防ぐ・・該当免疫細胞=B細胞

免疫を高める方法

体温が下がると免疫力が急激に低下するといわれていることから、体を温めるといわれる玄米、人参、かぼちゃ、鮭など水分が少なく硬くてイオrが濃いものを食べるように心がける。
睡眠も大切であるため、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かるなどリラックスして眠りの質を高める。

アレルギーは免疫細胞の過剰反応

免疫細胞は花粉やハウスダスト、食物といった本来は体に無害なものを誤って敵と判断し、過剰反応して自分の体を攻撃してしまうことがある。これがアレルギー反応であり、代表的なものに花粉症、食物アレルギー、接触皮膚炎などがある。

SponsorLink

がんのの新たな治療法「免疫療法」

がんの3台治療法といわれる「手術、抗がん剤、放射線治療」に続く治療法として「免疫療法」が注目されている。
体内にがんができると、免疫細胞や抗体ががん細胞を攻撃する。一方がん細胞はこれら苦攻撃を免疫抑制という仕組みで阻害し、免疫細胞の力を破棄させないようにする。そこで、がん患者の免疫細胞をいったん体外に取り出して強化したり、交代を大量に作って強くなった免疫細胞や大量の抗体を患者に再投与する「免疫療法」が開発されている。日本やアメリカでは皮膚がんなどの治療法として承認されている。

SponsorLink

-がん, アトピー性皮膚炎, 白血病, 花粉症

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.