前立腺肥大症 病気

前立腺肥大症の症状と過活動膀胱

投稿日:

前立腺肥大症とは
前立腺肥大症は、加齢などで前立腺が肥大する病気である。
尿道が圧迫されて尿が出にくくなったり、夜中に何回もトイレに行きたくなるなど、様々な排尿のトラブルが起きる。
前立腺肥大症は、50才以上の男性5人に1人にみられる病気である。

SponsorLink

急に我慢できないほどの尿意を感じたり、トイレが近い場合には、過活動膀胱の場合もある。前立腺肥大症の人の半数近くで、過活動膀胱を併発しているといわれている。

加齢と前立腺肥大の関係
加齢と共に前立腺が肥大する理由は、前立腺が男性ホルモンの影響を大きく受けており、加齢とともに男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが悪くなると前立腺が肥大すると考えられている。

SponsorLink

前立腺肥大と過活動膀胱症の関係
前立腺が肥大し尿が出にくい状態が続くと、尿を出そうとして膀胱に負担が掛かり、膀胱が過敏に動くようになる。その結果、過活動膀胱(我慢できない尿意)が起こる。このことから、前立腺肥大症に過活動膀胱を併発している人が多いと言われている。

前立腺肥大症を放置した場合
膀胱にいつも尿が溜まっている状態になり、膀胱に結石ができたり、膀胱炎などにかかりやすくなる場合がある。また、尿意があっても全く尿が出ない急性尿閉を起こす場合がある。さらに病気が進行し腎臓にも尿が溜まるようになると、腎不全を引き起こす場合がある。

SponsorLink

-前立腺肥大症, 病気
-, ,

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.