痛風

痛風 食事のポイント

投稿日:

痛風の食事療法についてポイントは次のとおりです。

SponsorLink

高プリン体食品を大量に続けて食べない

痛風の原因となる尿酸はプリン体の老廃物であることから、プリン体を多く含む食品を食べないよう制限されていましたが、その後の研究で、プリン体はほとんどが腸内分解され排泄されることが分かりました。ただし、プリン体を特に多く含むレバー、モツ、イワシやサンマの内臓、いくら、たらこなどの魚卵などを続けてたくさん食べることは避けましょう。

肉や魚などのタンパク質を取りすぎない

肉や魚などのタンパク質にはプリン体が多く含まれています。これらのタンパク質をたくさん取ると尿酸の産生が増加するので、肉や魚のタンパク質をとりすぎないようにしましょう。
肉の場合は脂肪の少ないヒレ肉などにするか、プリン体が水に溶けやすい性質を利用し、ゆでたり煮たりするなど工夫しましょう。

同じタンパク質でも、鶏卵や豆腐、牛乳、乳製品のタンパク質はプリン体が少ないのでお勧めです。

SponsorLink

野菜をたくさん食べる

腎臓から尿酸をたくさん排泄させるには、尿をアルカリ性にする必要があります。野菜はビタミン、ミネラルが豊富なアルカリ食品です。この他、イモ類、のり、キノコなどもたくさん食べるとアルカリ性になります。なお、果物は糖分が含まれ、肥満や尿酸上昇の原因になるので注意が必要です。

アルコールを控える

これはプリン体というより、アルコールそのものが尿酸の産生を促すとともに、尿酸の排泄を抑える作用があるからです。

塩分を控える

痛風の合併症は、動脈硬化や高血圧が原因の病気がほとんどなので、合併症対策のためにも塩分を控えましょう。

水分をたっぷりとる

尿酸をたくさん排泄するには、尿量を増やす必要があり、1日に2リットル以上の排泄が必要です。1日に2~2.5リットル水分をとればいいのですが、この時、甘い飲み物は避けて、水や麦茶などの甘くないものにしましょう。

痛風になりやすい人の食事とは

早食いで大食い(肥満に多い特徴で、肥満度と尿酸値は比例関係)
揚げ物など脂っこい料理が好き(エネルギー過剰)
外食やコンビニ食が多い(味付け、塩分が濃い)
朝食を抜く(その分、昼食を大食い)
間食や夜食が多い(洋菓子や菓子パンは高カロリー 夜食はエネルギー過剰に)
レバー、白子、魚の干物好き(プリン体が多い)
野菜嫌い(アルカリ性の尿にならなく、尿酸が排出されにくい)
晩酌をする(アルコールにより尿酸が増え、中性脂肪も増える)

SponsorLink

-痛風

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.