自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

ステロイドパルス療法の概要と副作用

      2015/12/11

ステロイドパルス療法の概要、メリット・デメリット、副作用は次のとおり。

SponsorLink

ステロイドパルス療法とは

強い抗炎症作用と免疫抑制作用をあわせもつステロイド薬の効果が、内服では十分な効果が得られなかったり、できるだめ早くステロイド薬の効果を発揮させたい場合などに用いられる方法である。難治例の多い病気で行われることのが多い治療法ともいえる。

生理食塩水に溶解したメチルプレドニゾロン(ソルメドロール)500~1000mgを3日間にわたって点滴静注する。

SponsorLink

ステロイドパルス療法のメリットとデメリット

メリットは、ステロイド薬を大量に使うにも関わらず、副作用を心配することがほとんどなく、有用性が発揮されることである。

ただし、投与の量は決まっていて、頻繁にできるものではない(月に1回程度)。また、高齢者では心臓い負担がかかるなどの問題点がある。

また、感染症があるときに行うと、症状がたちまち悪化してしまうため、感染症のある時はステロイドパルス療法はできない。

ステロイドパルス療法の副作用

ステロイドを大量に使用する割には副作用は少ないものの、副作用が誰にも全く現れないわけではない。

しばしばある症状として、ステロイドパルス療法後に、興奮状態、覚醒状態になることである。

併せて、別に記載したステロイド薬の副作用と対処法にもあるように、次のような副作用が認められることもある。

ムーンフェイス、皮膚の症状、感染症、糖尿病、消化器潰瘍、骨粗鬆症、無菌性骨壊死、筋委縮、精神異常、高血圧、高脂血症、白内障、緑内障

※ 情報収集にあたって

ステロイドパルス療法について数々の説明サイトを見ると、副作用がない、ほとんどないとの記載がある。一方で、体験談が記されたサイトを見ると、様々な副作用が現れている。副作用が現れた人が、たままたインターネットに投稿できる人だったかもしれないし、副作用が現れない人は、インターネットに投稿するまでもないと判断したか、そもそも投稿の手段がないからかもしれない。

インターネットの体験談から解ることは、副作用は人それぞれであるが、共通していることは、ステロイド点滴終了後に興奮状態が続くというところであっった。

この療法の副作用の有無については、ステロイド薬を大量投与する割には、副作用の程度が低いととらえておくことが妥当だと思われる。

 - ステロイド

  関連記事

ステロイド薬のQ&A

ステロイド薬と膠原病 Q ステロイド内服薬は副作用が強いと聞くが、飲み続けて大丈 …

ステロイド剤の副作用と対処法

ステロイド剤は強い抗炎症作用と免疫抑制作用をあわせもつ唯一の薬剤である。しかし一 …

ステロイド外用剤の真実

ステロイド剤は、炎症を抑える効果が優れている。 ・ステロイドは副腎皮質ホルモンと …