うなぎ グルメ

うな重の松竹梅の違い

投稿日:

【うな重の松竹梅の違い】
うな重の松竹梅の違いは、一般的にはウナギの量の違いです。
その一方、高級ブランド養殖と呼ばれる有名な養鰻業者の特別なうなぎがあります。
特に有名なのは静岡県の「共水うなぎ」と芝の「坂東太郎」。通常のうなぎよりも2倍の期間をかけて丁寧に育てており、君が細かく味が濃いのが特徴です。

SponsorLink

【うなぎの天然と養殖の違い】
市場に出回っているものの99.9%が養殖ですが、養殖といっても卵から育てる完全養殖はまだ確立されていないので、うなぎの稚魚を海で捕ってきたものを育てたものです。
天然物と呼ばれるものは、シラスウナギが海から川に遡上し、自然の中で育ったものです。
天然物は脇腹が黄色いことからすぐに見分けがつきます。
味は養殖物が年間を通して一定ですが、天然物は育った環境や食べたエサ、季節によって異なります。したがって、天然ものだからうまい、とは一概に言えません。

SponsorLink

【国産うなぎと中国産うなぎの違い】
国産も中国産も稚魚は天然のシラスウナギであり、その違いは養殖された場所が違うくらいです。
ただし、国産、中国産にかかわらず養殖方法が業者によって異なります。なお、ウナギは熱帯地域に住むので、養殖する場合は水温を30度に保つ必要があります。日本の場合は冬場に30度程度に保てない養鰻場もあり、中国のほうがおいしい場合もあります。

【牛丼店と専門店のうなぎの違い】
主な違いは、お客さんに提供されるまでの過程です。
専門店では、生きたうなぎを仕入れて、職人が手でさばき、炭火で丁寧に焼きます。うなぎのおいしさは「串打ち3年、割き2年、焼き一生」といわれるほど、職人の腕にかかる部分が大きくなります。
一方、牛丼店では、うなぎの安い時期に大量に仕入れ、機械で加工の上、冷凍保存し、土用の丑の日など高く売れる時期に大量に消費されます。

SponsorLink

-うなぎ, グルメ

Copyright© 自己解決のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.