自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

アルツハイマー病の治療薬(製品名など)

   

アルツハイマー病の治療には、薬と薬以外のケア・リハビリなどがありますが、薬物治療ではアルツハイマー治療薬を用いて中核症状(記憶障害、見当識障害、判断力低下など)を抑えながら進行を抑えることを目指します。

SponsorLink

アルツハイマー病治療に用いられる薬

コリンエステラーゼ阻害薬

【副作用】吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、脈が早くなる、興奮、持病の不整脈や気管支喘息や十二指腸潰瘍の悪化、貼付剤の貼り付け部分のかぶれ

ドネベジル(アリセプト、ドネペジル塩酸塩)

【対象】軽度、中等度、高度
【錠形】錠、口腔内崩壊錠、細粒、内服ゼリー、ドライシロップ、内用液、口腔内崩壊フィルム
【用法】1日1回

ガランタミン(レミニール)

【対象】軽度、中等度
【錠形】錠、口腔内崩壊錠、内用液
【用法】一日2回

リバスチグミン(イクセロン、リバスタッチ)

【対象】軽度、中等度
【錠形】パッチ剤(貼付薬)
【用法】1日1回(背中、上腕、胸のいずれかに貼付

SponsorLink

NMDA受容体拮抗薬

【副作用】ふらつき(めまい)、眠気、頭痛、血圧上昇、便秘、食欲不振、持病のてんかん発作の誘発、肝機能障害がある場合は薬が排出されにくいため減量して使用

メマンチン(メマリー)

【対象】中等度、高度
【錠形】錠、口腔内崩壊錠
【用法】1日1回

SponsorLink

 - 病気, 認知症

  関連記事

口内炎、ドライマウスの治療(2)

ドライマウスについて 口腔内に起こる一般的な病気で、口内炎の次に多いのがドライマ …

大腸がん検査について

SponsorLink 大腸がんとは 大腸は働き盛りの年代に多く、発生部位はS状 …

飛沫感染、空気感染、接触感染の違い

ウイルスの感染経路はウイルスの種類によって異なり、主に接触感染、飛沫感染、空気感 …

肝斑について皮膚科医からいろいろ聞きました。

肝斑で皮膚科に行きました。 ○ 肝斑とは 肝斑(かんぱん)とはしみの一種です。普 …

がん検査の概要と費用

がんは日本人の死因の第一位である。また死亡数は年々増えて続けている。 しかし診断 …