自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

胃がん検査について

      2016/09/12

胃がんとは

胃がんは長らく日本人のがん脂肪者数のトップを占めてきた。近年は死亡者数のトップが肺がんとなっているが、依然としてがん患者は胃がんがトップである。死亡率は年々減少傾向であることから、早期に発見さえすれば十分に完治が期待できる。

発見には胃がん検診が有用であるが、胃がんの原因は、食生活やヘリコバクターピロリ菌の完成んがあげられている。また、喫煙や過度の飲酒も誘因とされている。また、疫学調査から、塩分の多い食事を摂っていると胃がんが増えることが示されている。
※ヘリコバクターピロリ菌とは
胃の中に住み着く細菌で、中高年以上の年代では半数以上が感染している。旧幼児期の経口的に感染すると考えられている。様々な胃の病気になりやすくなる。胃潰瘍や慢性胃炎などの胃の病気があれば、除菌療法の保険適用がある。感染の有無は血液検査や呼気検査で調べられる。

SponsorLink

胃がんの早期にはほとんど症状があらわれないことが多い。次の症状があったら医療機関の検査を推奨する。
体重減少、吐血・下血、食欲不振、胃部不快感、胃のもたれ・胃痛、食べ物の好みの変化

胃がん検査の方法

胃部エックス線検査
検査前日夕食後から絶食。検査当日は胃を膨らませる薬とバリウムを服用して、様々な角度から胃の形をエックス線で撮影する。胃の内部に病気による凹凸が生じればバリウムで造影されたエックス線写真に異常所見が生じるため、胃の病気の早期発見につながる。
※胃を膨らませる薬を飲むため、多少お腹が張ることがある。検査自体は5分程度で終わり、検査による痛みなどはない。
※バリウムにより便秘することがあるため、検診後の下剤の飲み方や水分補給について注意が必要。
※バリウムによる胃がん検査は、体質や過去の病気によっては受けられないことがある。(例:当日朝にインスリン注射をした、一部の腸疾患を治療中又は治療したことがある、心臓病で水分制限を受けている)

胃がんの精密検査

胃部内視鏡検査
内視鏡を胃を内側から観察し、必要があれば胃の粘膜の一部を採取して組織検査を行う。

SponsorLink

 - がん, 病気 , ,

  関連記事

アルツハイマー病の治療薬(製品名など)

アルツハイマー病の治療には、薬と薬以外のケア・リハビリなどがありますが、薬物治療 …

坐骨神経痛はなぜ起こる(症状・原因・治療)

坐骨神経痛(座骨神経痛)の症状はなぜ起こる 坐骨神経は末梢神経の中で最も太く長い …

小児白血病の症状と治療法

白血病とはどんな病気か 白血病は血液のがんである。 正常な血液は体に酸素を運ぶ赤 …

まぶたのたるみ 原因・症状・治療法

まぶたが垂れ下がる「眼瞼下垂症」の原因は、従来、老化により皮膚の張りが失われて起 …

おたふく風邪 予防接種の注意事項

おたふく風邪とは おたふく風邪は、ムンプスウイルスによって起こる小児の急性感染症 …