自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

がん検査の概要と費用

      2016/09/12

がんは日本人の死因の第一位である。また死亡数は年々増えて続けている。
しかし診断と治療の進歩から、早期発見、早期治療で治せるがんがふえてきた。
がんはほとんど自覚症状がないまま進行していく。がんの早期発見・早期治療のためには、症状がなくても定期的にがん検査を受けることが大切である。例えば胃がんの場合、5年生存率はほぼ100%である。
食生活、運動、喫煙、飲酒、休養などの生活習慣を見直し、積極的にがん検査を受けることが大切である。

がん検査の流れ

がん検診は、一次検査精密検査という流れで進む。一次検査では検査結果に異常があるかをチェックし、精密検査が必要かどうかの判断をする。
なお、肺、胃、大腸、乳房、子宮、前立腺など、がんができる部位が異なればがんの特徴も変わってくることから、それぞれのがんを調べるのに適した検査が用意されている。
かかりつけ医がいる場合は、かかりつけによく相談すること。また、検査結果も見てもらい、その後の方針について指導を受けるようにすること。

SponsorLink

1 一次検査
異常がない場合は終了。異常がある場合は精密検査を実施。
2 精密検査
精密検査は早期発見のチャンス。精密検査をうけることで、その後きちんとした対応が可能になる。要精密検査と判定されたら必ず受診すること。
異常なしまたは良性の病変の場合は終了。
がんと診断された場合は治療に入る。

がん検査の費用

がん検査は自治体や医療保険(健康保険組合、共済組合、国民健康保険組合等)でも実施している場合がある。
その費用の目安は次のとおりである。

ある自治体におけるがん検査の費用の例

肺がん検査

胸部エックス線検査
40~64歳 肺がん検査として0~1000円
65歳以上 結核・肺がん検査として無料
喀痰細胞診検査 0~800円

胃がん検査

500~2000円

大腸がん検査

0~1500円

乳がん検査

マンモグラフィ(乳房エックス線検査)
40際代 0~3200円
50歳代 0~2500円

子宮頸がん検査

500~2500円

前立腺がん検査

300~1620円

自治体によって検査の費用や対象年齢が異なるため、各市町村の検査担当部署に問い合わせて確認を。

SponsorLink

 - がん, 病気 ,

  関連記事

帯状疱疹の原因と症状

帯状疱疹の原因 帯状疱疹の原因はウイルスで、子供のころによくかかる水疱瘡のウイル …

花粉症と風邪の見分け方

花粉症と風邪の違いは「鼻水」 花粉症はアレルギー反応であり、体内に侵入した異物を …

下痢対策 症状別下痢の薬

単純性下痢 原因 食べ過ぎ、高脂肪食、飲みすぎ、おなかの冷え。発熱や吐き気はない …

大腸がん検査について

SponsorLink 大腸がんとは 大腸は働き盛りの年代に多く、発生部位はS状 …

口内炎、ドライマウスの治療(2)

ドライマウスについて 口腔内に起こる一般的な病気で、口内炎の次に多いのがドライマ …