自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

認知症ともの忘れの違い・認知症発見のポイント

      2015/12/11

どこまでがもの忘れで、どこからが認知症か。
次の場合は認知症かもしれません。

【認知症・早期発見のポイント】

SponsorLink

○もの忘れがひどい
・今切ったばかりでも電話の相手を忘れる。
・同じことを何度も言う・聞く
・しまい忘れ置き忘れが増えて、いつも探し物をしている
・財布、通帳、衣類等を盗まれたと人を疑う

○判断・理解力が衰える
・料理、片付け、計算、運転のミスが多くなった
・新しいことが覚えられない
・話のつじつまが合わない
・テレビ番組の内容が理解できなくなった

SponsorLink

○時間・場所がわからない
・約束の日時や場所を間違えるようになった
・慣れた道でも迷うことがある

○人柄が変わる
・些細なことで怒りっぽくなった
・周りへの気遣いがなくなり頑固になった
・自分の失敗を人のせいにする
・この頃様子がおかしいと周囲から言われた

○不安感が強い
・ひとりになると怖がったり寂しがったりする
・外出時、持ち物を何度も確かめる
・頭が変になった、と本人が訴える

○意欲がなくなる
・下着を変えず、身だしなみを構わなくなった
・趣味や好きなテレビに興味を示さなくなった
・ふさきこんで何をするのもおっくうがり、いやがる

認知症は、早く治療すれば進行を遅らせる薬が利用できる場合があります。
現在、認知症の約半数を占めるアルツハイマー型認知症には、病状の進行を遅らせる薬があります。

認知症は、精神科、神経内科、心療内科でなくとも、普段かかっている医者に相談できます。
2年で軽度から中等度へ進行するという話もあるので、早めに診てもらうことが重要です。

SponsorLink

 - 病気, 認知症 ,

  関連記事

がん手術・がん検査の費用

がん治療で一番お金がかかるのは手術や入院。退院後に高額な薬代が必要になることもあ …

脳卒中の症状や前兆

脳卒中の症状や前兆 意識障害、運動障害(単まひ、片まひ、四肢まひ)、感覚障害(半 …

過敏性腸症候群の原因・症状と治療法

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群は腸の動きのバランスを失った機能的疾患であり原 …

口内炎、ドライマウスの治療(2)

ドライマウスについて 口腔内に起こる一般的な病気で、口内炎の次に多いのがドライマ …

溶連菌性咽頭炎の症状と治療

溶連菌性咽頭炎とは、溶連菌という細菌がのどに感染して、のどの痛み、熱、体や手足の …