自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

血圧の薬の種類と作用

      2016/06/22

血圧の薬の概要

血圧の薬は「降圧剤」というもので、血管を広げたり、血液量を減らす作用で血圧を下げますが、高血圧そのものを治すものではありません。

その目的は、血圧を下げて脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起きないようにすることです。

したがって、薬を中断すると血圧はまた上がる可能性があるため、長期にわたり服用する可能性が高いです。

SponsorLink

降圧剤の種類

主に用いられる降圧剤を6つ紹介します。

Ca拮抗剤(カルシウム拮抗剤)

効果:血管を拡張させ血圧を下げる
血管の壁の平滑筋にカルシウムイオンが入ると血管が収縮してしまうので、カルシウムイオンが平滑筋に入るのを防いで血管を拡張させる。

ARB(アンジオテンシン変換酵素)

効果:血管を拡張させ、血圧を下げる
血圧を上昇させるホルモンであるアンジオテンシンⅡの働きを抑え血圧を下げる。

SponsorLink

ACE阻害薬(ACEそがいかく)

効果:血管を拡張させ、血圧を下げる。
アンジオテンシンⅠからアンジオテンシンⅡの産生を抑え、血圧を下げる。

β遮断薬(ベータしゃだんやく)

効果:心臓の動きを抑えて脈を減らし血圧を下げる。
心臓にある「β受容体」を遮断することで心臓の拍出量を減らして血圧を下げる。

利尿剤(りにょうざい)

効果:尿量を減らし、塩分排出を促進して血圧を下げる。
ナトリウムや水分の排泄を促進することで血圧を下げる。

α遮断薬(アルファしゃだんやく)

血管を拡張させ、血圧を下げる。
血管のα受容体を遮断することで血管を拡張し血圧を下げる。

SponsorLink

 - 病気, 高血圧

  関連記事

食物アレルギーで気を付けること

食物アレルギーで気を付けること 問 苦手な食べ物が実は食物アレルギーの原因という …

目がかゆい原因と治療法

いつも目がかゆいのは、通年性アレルギー性結膜炎かもしれません。 SponsorL …

女性の更年期に大豆が効く理由

更年期障害の原因 女性は閉経の前後5年の10年間を更年期と言います。更年期に入る …

おたふく風邪 予防接種の注意事項

おたふく風邪とは おたふく風邪は、ムンプスウイルスによって起こる小児の急性感染症 …

前立腺肥大症の予防法と治療

前立腺肥大症による排尿障害の症状や程度は、一人ひとりの患者で異なる。多くの場合は …