自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

胃がん検診はバリウムより胃カメラか?

   

胃がん検診バリウムより胃カメラか?

SponsorLink

この前職場の胃がん検診をしました。バリウムでの検査で、後日異常なしとの通知で一安心したところですが、知り合いの話によれば、その人の父はバリウム検査で異常なしだったけれど胃に違和感があって胃カメラで調べたら初期の胃がんだったとのこと。

胃カメラは胃壁を直接見ることができるのに対して、バリウムは影を見て判断するので、細かい部分は分からないのではないかと思い、バリウムによる「異常なし」は信用できるか不安になりました。

そこで、バリウムと胃カメラの違いを比較しまとめました。

バリウムの特徴

検査方法

・バリウムという造影剤を飲み込んだあと、検査台で体を上下左右に動かして胃の上面についたバリウムの状態を観察する。
・胃の粘膜の荒れや腫瘍・胃がんなどで起こる変化をみつける。胃全体の形を観察できる。

長所

・胃カメラを飲むほどは苦しくない。
・時間がかからないので予約しやすい。(一日の実施可能数が胃カメラより多い。)

短所

・粘膜の状態を把握するのは胃カメラにはかなわない。
・バリウムを飲むときに胃を膨らませるための発泡剤も飲み込むが、げっぷを我慢するのが結構きつい。
・体をさかさまにする際に体側面にあるバーをつかんでいる必要があるが、本気で掴まないとずり落ちそうになる。(女性には無理ではないかと感じる)
・すぐに下剤を飲む必要がある。大事な会議など中座できないような予定がない日を選ぶ必要がある。

SponsorLink

胃カメラの特徴

検査方法

・口や鼻からチューブ型のカメラを挿入して、胃や十二指腸、食道の粘膜を直接観察する。

長所

・直接見ることができるため胃潰瘍、胃炎や早期胃がんの発見も可能。さらに部位を一部採取したりポリープの切除などもできる。

短所

・はきそうになる。入れるとき苦しい。口から入れるよりも鼻から入れる方が楽といわれている。私はドックで鼻から入れたことがある。鼻穴の奥に麻酔の薬を付けるが(口から入れる場合は喉の奥に麻酔をするらしい)、それでも苦しく、涙とよだれが止まらなかった。ちなみに、妻は鼻から入れようとしたが狭くて入らず、口から入れた。両鼻穴と喉すべてに麻酔することになった。
・実施時間が長く一日の実施可能数がバリウムよりも少ないので、予約が取りにくい。

感想

結論は人それぞれだと思いますが、胃カメラやれるなら胃カメラかなと思います。ただ、時間がかからず比較的楽なのはバリウムです。

SponsorLink

 - がん, 健康診断

  関連記事

がん手術・がん検査の費用

がん治療で一番お金がかかるのは手術や入院。退院後に高額な薬代が必要になることもあ …

免疫細胞について

免疫細胞は第二の頭脳 免疫は病気を逃れるための仕組み。免疫細胞は体に入ってきた病 …

乳がん検査について

乳がんとは 乳がんは女性のがんで最も多いがん。日本全体で1年間に65000人の患 …

肺がん検査について

肺がんは、日本陣のがんの死亡数が第一でである。発症の最大の原因はタバコで、喫煙年 …

肺がんの原因・症状・生存率

肺がんの症状について 肺がんの主な初期症状は、咳、痰、血痰、発熱など。ただし、い …