自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

おなかを鳴らなくする方法

   

おなかを鳴らなくする方法について聞かれました。ざっと調べてまとめましたので参考までご覧ください。

SponsorLink

おなかが鳴る原因と対処法

細かく見れば様々な原因があると思いますが、メジャーなもののみ記載します。

空腹のためにおなかが鳴る場合

血糖値が低下することで脳が空腹であると判断し、食べ物を迎え入れるための準備として胃の収縮活動が活発になります。このとき、胃の中の空気の移動にともないおなかが鳴ります。

【対処法】血糖値をあげて、脳に空腹ではないと思わせる。
チョコレート、ジュース、あめなど甘いものを食べれば血糖値が上がれば、おなかが鳴るのを抑えることが期待できます。

SponsorLink

消化器に空気を取り込みすぎておなかが鳴る場合

早食い、炭酸飲料を頻繁に飲む、歯をかみしめる癖、口を動かす癖などにより空気を飲み込みすぎた結果、胃や腸に空気が回り、胃腸の動きとともにおなかが鳴りやすくなります。

このような、無意識に空気を飲み込んでしまう症状は「呑気症(どんきしょう)」かもしれません。これは「空気嚥下症」ともいいますが、20代~50代の助成に多く、ストレスや緊張が原因といわれています。

よく緊張状態を表す言葉に「息をのむ」「つばを飲み込む」という言葉がありますが、まさにこの動作により空気を消化器官に取り込みすぎておなかが鳴ってしまうのです。

【対処法】
・食べ方に気をつける、食事時以外「かみ癖」をなおす
「ゆっくり食べる」、「炭酸飲料を控える」、「飲み物をがぶ飲みしない」など、余計に空気を体内に送り込まないよう食べ方、癖に気をつけましょう。
・ストレスの軽減を図る
これが簡単にできれば苦労しませんが、ストレスの原因をなくするか、ストレス発散につとめましょう。
・ヨーグルトの摂取など腸内環境を整える

SponsorLink

 - 病気, 胃腸の病気

  関連記事

低血糖の予防法と治療法

低血糖とは 糖尿病の人は血糖値を正常な値に保つ必要があるが、薬の効きすぎや食事の …

脳卒中の原因と死亡率 及び後遺症

脳卒中の原因 糖尿病 糖尿病は細い血管の閉塞を起こしやすいことから、脳卒中の中で …

B型肝炎、C型肝炎の予防と治療

ウイルス性肝炎とは 肝炎は、肝臓に炎症が起きている状態であり、肝臓の細胞が破壊さ …

おたふく風邪 予防接種の注意事項

おたふく風邪とは おたふく風邪は、ムンプスウイルスによって起こる小児の急性感染症 …

禁煙 禁断症状のピーク

禁煙の禁断症状のつらい時期 禁煙による禁断症状とはニコチンの禁断症状です。 その …