自己解決のヒント

気になる事柄の解説サイト

*

敗血症の原因・症状・治療について

      2016/09/12

敗血症とは

傷やできものなどの最近が血管に入り込み、血液の循環によって全身の重い症状を引き起こす感染症のこと。

敗血症の重症度合いにより、「重症敗血症」、「敗血症性ショック」という。
重症敗血症:臓器障害や臓器灌流低下または低血圧の状態
敗血症性ショック:重症敗血症うち、十分な輸液負荷を行っても低血圧が持続するもの

敗血症の原因

原因としては、基礎疾患がある場合や抵抗力が低下している場合に多い。

基礎疾患の例:糖尿病、肝硬変、膠原病、血液疾患、腎臓疾患、悪性腫瘍など
抵抗力低下(弱い)の例:抗がん剤治療等白血球が低下する治療を受けている、リウマチや移植後等免疫を抑える治療を受けている、未熟児、高齢者、ステロイド剤の長期使用など
血液に細菌が入る原因としては、肺炎など呼吸器感染症、膀胱炎など尿路感染症、血管内カテーテルの汚染、腹膜炎、胆嚢炎、傷、やけどなど

SponsorLink

敗血症の症状

敗血症:発熱、頻脈、頻呼吸。ただし血圧は正常。
重症敗血症敗血症性ショック:錯乱または注意力の低下、乏尿、血圧の低下、呼吸不全・腎不全・肝不全といった多臓器障害症候群が起こる場合あり。

敗血症の治療

輸液蘇生、強力な抗菌薬投与、支持療法など。必要に応じて、血糖値コントロール、昇圧剤・補液・酸素投与、人工呼吸管理、血液ろ過投石、蛋白分解酵素阻害薬の投与、抗凝固薬投与、副腎皮質ホルモン薬投与などを行う。

敗血症の死亡率

3人に1人が死に至ると言われており、早期発見・早期治療が重要な病気である。

SponsorLink

 - 感染症, 病気

  関連記事

認知症ともの忘れの違い・認知症発見のポイント

どこまでがもの忘れで、どこからが認知症か。 次の場合は認知症かもしれません。 【 …

口内炎、ドライマウスの治療(1)

口内炎について 口内炎は、口腔内にとって最も一般的な病気。 口腔の粘膜にできる炎 …

下痢止めの使い分け

下痢は細菌への感染、ストレス、飲みすぎなど原因はいろいろ。下痢止めの薬も原因によ …

緑内障の症状と治療

緑内障の症状 緑内障のなかで多い「開放隅角緑内障」は10~15年かけて少しずつ進 …

目の疲れ・かすみの原因と市販目薬の有効成分

目の疲れ・目のかすみの原因 症状 目の奥が痛い、目の奥が重い 【原因】目の使いす …